Pizza Cafe TakemuRaのコンセプト

ピザカフェタケムラのコンセプト

だしマイスター&だしソムリエ
「竹村さと子」がプロデュース

当店のほぼ全てのお料理に、世界の三大うまみ成分
①グルタミン酸②イノシン酸③グアニル酸の お出汁を使用しています。

「海のだし」
(昆布のグルタミン酸・鰹や煮干しのイノシン酸)をベースに

「陸のだし」
(鶏・豚・牛の肉類のイノシン酸)と

「森のだし」
(椎茸・キノコのグアニル酸)とを組合せ

深みのあるうまみ成分たっぷりの優しくてまろやかなお出汁を活用いたします。

オーナーの竹村は

  1. ピッツァイオーラ(女性ピッツァ職人)
  2. だしソムリエ
  3. 出汁マイスター
  4. お米ソムリエ
  5. チーズソムリエ
  6. 食用オイルソムリエ
  7. スムージーソムリエ
  8. オーガニックフルーツソムリエ
  9. 焼肉コンシェルジュ
  10. お肉グルメマイスター
  11. スイーツディプロマ
  12. フルーツインストラクター
  13. 健康出汁アドバイザー

という 様々な「食の有資格者」でもあります。

この資格をフル回転・フル活用させ、Pizza Cafe TakemuRaをプロデュースいたします。

今まで皆さんが食べたことのないような「ピザの可能性」を追求し心も身体も夢も希望もピザ生地も膨らませます。

ピザだけでなく ご飯も美味しく食べていただきたい。幼い頃から、お米作りを手伝って育った竹村は、誰よりも白ご飯が大好きです。お米ソムリエとして美味しい「ご飯もの」も、食べていただきたいと考えています。

京都生まれのジャパニーズピザ

①だしソムリエ&出汁マイスターが抽出した上品なお出汁。 ②国産100%でありながら世界基準「ピッツァ ナポレターナ STG準拠!」高品質のピザ専用の粉。 ③遠赤外線で生地にダメージ与えずに短時間でサクッと焼き上げる次世代の光の窯。 この三つが織りなす完全オリジナル「京都生まれのジャパニーズピザ」をご提供いたします。

Commitment to pizza doughピザ生地へのこだわり

本格石釜ピッツァ店やナポリのピッツェリア風のお店では、ほぼほぼイタリア粉を使用されている事が多いようです。

「ピザならイタリア粉、パンならカナダ粉がいい」と一般的にはよく耳にします。

本当に…イタリアで食べるイタリアンピザは美味しいですよね!イタリアピザ職人がイタリア生産食材を使いイタリアの気候に馴染んだ石窯で焼き上げるピザ…思わず「ヴォーノ!!(美味しい)」と叫んでしまいます。

しかし、ここはイタリアではありません。

この湿気の多い日本。
四季があり、ましてや、夏は暑く冬は寒い…
この京都では 京都の風土にあうものが、もっとあるのではないか?…と いうのが発端です。

私、竹村は「日本のピザ」の美味しさを求めてピザ修行の旅へ…(といえば当然ナポリですが、当然ながら私はナポリが目的地ではなく)当たり前に日本国内でピザ修行。
「ジャパニーズピザ協会」にて修業をいたしました!

当店では旨味と香り豊かな北海道産100%の粉を使用しています。100%国産の特色でもある、もちもちとしながらも歯切れよい食感。軽くてふんわりサクッとしているのに噛めばもちっとしている。国産100%小麦ならではの旨み&香りが引き立つ配合を心がけています。
そして…驚くべきは、国産でありながら世界基準「ピッツァ ナポレターナ STG準拠!」のピザ専用の粉でもあること。本場・イタリアのナポリピッツァの規約「ピッツァ ナポレターナSTG」基準を満たしたピザ専用の粉。北海道産でありながら本場イタリアの基準を満たしているという…安心であり品質も高い、なんとも素晴らしい粉なのです。

「ピッツァ ナポレターナ STG」とは何なのか?
ナポリピッツァの伝統を守るために制定された規約で、2010年にEUのSTG(伝統的特産品呼称)認定を受けたものであること。この規約を満たさなければ「ピッツァ ナポレターナ STG」を名乗ることはできません。小麦粉に関しては規格値が非常に細かく定義されています。
食感はもちもちとしながらも歯切れよく軽い。北海道産小麦粉100%ならではの旨みと香りが引き立つ粉。 美味しいピザのために、品質の高い粉を使用しています!

その特別な粉を使い、生地にもソースや具材にもお出汁を隠し味として、上品に仕上げています。出汁マイスター兼、出汁ソムリエが抽出したお出汁。随所に、そのうまみ成分が潜んでいます。

そんな京都生まれのピザを、ここ京都で食べてくださいませ。

Commitment to grilling焼きへのこだわり

お店の準備を始める前に、当店でも「石窯ピッツァ」にしょうと考えていました。見た目も味も「石窯」が1番だと思っていたからです。

ところが!!
なんと「石窯」に匹敵する「すごい窯」に出会ってしまったのです!!
それはまるでカミナリに打たれたような衝撃でした。

当店の窯は…
おどろくなかれ「光」で焼いています。

「光で焼くってどういうこと?」

と思われる方も多いはず。
例えば…バーベキューや焼鳥など、炭火焼きって美味しいですよね。あれこそが、遠赤外線(光)で焼くから、中まで美味しいわけです。

そう、「光」は素材を通り、中からもジュワーッと焼きあげます。
表面はパリッとしていて 中はふっくらもちっと、外はサクッと、あの「石窯」と同等レベルに焼きあげることができる「光窯」で当店は焼き上げます。

光には「遠赤外線」「中赤外線」「近赤外線」
があるのをご存知ですか?
当店の窯は、その3つの光(赤外線)で焼きあげます。
この赤外線(光)は「カーボンファイバー」からの光です。その名の通り、炭の繊維。備長炭を再現しています。
それにより焼き自体が「炭火焼き」になるのです。まさに炭の力。
ちなみに…この窯の会社の社長は、ホンモノの職人さんで、元々はランプ屋さんだったそう。
ランプ屋さんだからこそ、生み出した「光」
遠赤外線の備長炭を見事に電気で再現。
「光で焼く」ことの意義をお分かりいただけたでしょうか?

光の効果(遠・中・近赤外線効果)により、短時間で外だけを焼くのではなく、素材の中まで光を通す。短時間だから、生地にダメージを与えず焼きあがる。炭火焼きバーベキューの なんとも言えない美味しさを、ピザでも味わっていただきたい。

光で焼く…

それが当店の「焼き」へのこだわりです。

Commitment to soup stock出汁へのこだわり

「だし」は、ヘルシー面でもダイエット面でも威力を発揮すると言われ、最近益々「だし効果」が注目されています。

その所以は…
人間の「味覚」には 甘味・塩味・苦味・酸味・うま味の5つがあります。このうち「うま味」は「昆布だし」から発見されました。
実は、それまで人間の味覚は甘味・塩味・苦味・酸味の4つだとされていたのです。
日本人による「うま味」の発見により、5つ目の「味覚」として新しく加えられることになった「うま味」。

これにより、昔から日本の食文化には欠かせない「昆布」や「かつお」「煮干し」「しいたけ」の奥深さが、世界的に注目される事にもなりました。

この「うま味」に対する味覚が鈍くなると甘味を摂るようになり…結果、肥満になりやすいという事も ささやかれています。このうま味が豊富な出汁を摂取することで
・脂肪を燃焼する
・お通じをよくする
・ストレスを緩和する

などが期待できるそうです。
(※出汁の材料に含まれる成分の働きによる)

なんて素晴らしくて 嬉しい作用でしょうか。
美味しいものを、美味しく、 笑いながら、楽しめる食事は 身体にも良く、より健康的になれます。

笑うことで 体の免疫力をアップするという話は、ご存知の方も多いはず。

たくさん食べて、美味しく食べて、元気モリモリで いっぱい食べて 益々楽しく!

それが当店の願いです。

トップへ